検索
  • 住職

オリジナル『あまびえ』護符特別授与

最終更新: 7月13日

アマビエは、長い髪にくちばし、うろこを持ち3本足をした半人半魚の妖怪。

江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れ、「病気が流行したら自分の姿を描いて人々に見せよ」と告げて海中に消えたとされている。新型コロナ感染の沈静化を願って注目を浴び、アマビエを独自に加工したイラストを会員制交流サイト(SNS)に投稿するなど話題が沸騰、厚生労働省の感染予防啓発サイトのアイコンとしても活用されている。

護符の絵は京の町絵師-冬奇画伯の作品です。https://eshi-fuyuki.jp/  感染症による多くの物故者の抜苦与楽 超生浄土、病気平癒、病魔撲滅を願い本尊前で懇ろにお参りをした『あまびえ』護符をご希望の方に冥加料800円にて授与させていただきます。大きさははがきサイズ(朱印サイズ)となります。アマビエの護符を郵送する場合 事前に冥加料800円(1枚・郵送代金含む)を下記郵便局の払込口座へお振込みください (枚数は何枚でも可能です、郵便口座をお持ちでしたらATM利用可能) ◎新型コロナウイルス感染症拡大が 治まる目途が立つまで護符の祈願をいたします。

*払込口座記号番号

 00920 4 73680

*加入者名

 宗教法人 金剛寺

*通信欄の 「おところ」 「おなまえ」 を 必ずご記入ください

当方でご入金を確認させていただいたのち、上記の「おところ」に必ず郵送いたします、 

ご質問やご所望の方は当寺ホームページの「お問い合わせ」からお知らせください。 #あまびえ#京都#新型コロナウイルス#お守り#寺院


1,795回の閲覧

最新記事

すべて表示

金剛寺での法要及び諸行事等の開催について

行政等の注意喚起を充分確認のうえ、感染拡大防止策を講じております。 特に、換気の悪い「密閉空間」、多数の人が集まる「密集場所」、間近での会話などの「密 接場面」。いわゆる3密が重なる場面を避けることを心がけています。 ・定期的な換気、窓の開放などを行う。 ・座席(椅子や座布団)の間隔を空ける。 ・近距離で対面した状態での会話を避ける。 ・手洗いの励行やアルコール消毒剤の利用など手指衛生の徹底 ・咳

金剛寺お檀家様へ

新型コロナウイルス感染症の流行により、生活が制限されたり、ご不安がたかまったりと、不自由な日々をお過ごしのことと、心よりお見舞い申し上げます。疫病との闘いは人類の歴史でもあります。共々に用心し、克服できることを希望に、無事に過ごして参りたいと存じます。 さて、お檀家様に支えられております寺院護持、並びにご先祖様のご供養、ご葬儀につきましても、感染症の特徴を把握しつつ、「持続可能な法務」を模索する必

〒605-0036

京都市東山区三条通り白川橋東入る五軒町124

京都 東山 浄土宗 金剛寺

​Tel 075-771-2442

logo.png
logo2.png